日本の高温多湿な気候に適しているのは外断熱工法です
シャルドネは外断熱を利用し健康で安全な住環境を提案します

シャルドネ(CHARDONNAY)外断熱

内断熱の住宅に起こりやすい結露の問題

top 外断熱 内断熱の住宅に起こりやすい結露の問題

冬に必ず悩まされる結露とは

内断熱工法は柱と柱の間に断熱材を入れるので構造躯体を外気で冷やしてしまいます。
また、外壁材も冷えてしまうので、室内と室外の温度差が生じやすくなっています。
イメージとしては、冷たい水をガラスのコップに入れた状態です。

結露してしまう内断熱のメカニズム

この外気と室温の差が結露を発生させますが、「結露なんて窓につくものだから掃除はめんどうだけどそこまで深刻になる必要は無いんじゃ?」と思いますよね。

しかしこの結露は目に見えない場所でも起きています。
壁体内結露という、普段は目につかないビニールクロスの裏側や壁の中で結露が発生しているのです。

たかが水滴の結露を放置しておくと...

目に見えない壁の中にも結露が発生するという事はお話ししました。
しかし「結露を放置しておくと何が起きるの?」という方もお見えだと思います。

壁の中に発生する壁体内結露を放置しておくと断熱材が湿気を吸ってしまい、断熱材自体がずり落ちてしまって断熱材としての役目を果たさなくなってしまったり、ビニールクロスの裏側にカビが生える・躯体を弱めてしまい建物の寿命が縮んだりします。

窓につく結露ならビショビショになって掃除が面倒になるだけですが、壁の内側を拭くことはできませんよね。

ずり落ちた断熱材 ビニールクロスの裏側に生えたカビ ビニールクロスの裏側に生えたカビ

このように放置しておくと建物にとってマイナスな状況ばかりになってしまう結露ですが、実は人体にもマイナスな状況を引き起こしてしまいます。

カビとダニが原因で起こるアレルギーとシックハウス症候群
自然素材住宅

お近くのシャルドネを見てみる